診察している病気、症状

イメージ写真

膀胱炎、血尿、女性の頻尿、男性の頻尿、前立腺肥大症、前立腺がん、性病(梅毒、淋菌性尿道炎、クラミジア性尿道炎、男性の尖圭コンジローマ、性器ヘルペスなど)真性包茎手術、仮性包茎手術、パイプカット手術、亀頭包皮炎、ED治療などですが、泌尿器に関することはお気軽にご相談ください。

対応していない病気、症状

1. 思春期、若年成人の急性精巣痛、わかりやすく言うと急に睾丸が痛くなった場合

精巣捻転の可能性があります。症状が出現してから6時間以内に手術をして、ねじれを解消して元に戻さないと精巣が壊死します。
夜間でも、至急、手術可能な病院を受診してください。

2. 血尿に背部痛、側腹部痛、下腹痛などがあり、さらに発熱を伴っている場合

至急、救急受診してください。尿路閉塞に伴う急性腎盂腎炎の可能性があります。様子をみていると重症化します。

3. 女性の尖圭コンジローマ

膣内にも発生しますので婦人科での診察が望ましいです。

日暮里泌尿器科内科
院長の柴本賢秀です

  • 緊急性のある状態や、つらい症状は要請があれば日曜、祝日も対応いたします。予約制ですので、ご連絡をお願いいたします。
  • 真性包茎は保険適応で手術が受けられますので通院費用も含めて自己負担は1万円ほどです。仮性包茎手術には保険適応はありませんが、当院は、手術にかかる費用は5万円(税別)です。薬代、通院にかかる費用すべてが含まれます。
  • パイプカット手術にかかる費用は5万円(税別)です。薬代、精液検査にかかる費用すべてが含まれます。
  • 手術、ED治療は、日曜、祝日もご予約を受けております。