診察している病気

外科のイメージ写真
  1. 縫合が必要な怪我(傷が大きい、開いている、血が止まらないなどの怪我は縫合が必要となります。)
  2. 動物に噛まれた怪我(すぐに抗生剤の服用が必要です。)
  3. おできが化膿して切開が必要な状態(おできが悪化すると薬を服用しただけでは治せません。切開が必要です。)
  4. トゲが刺さって抜けなくなった
  5. 子供の腕を引いたら腕を動かさなくなった(肘内障)
  6. 狭い範囲のやけど(表層やけど、真皮の浅い部分までのやけどの治療を行います。皮下組織まで及んだやけどは植皮が必要ですので専門医による治療が必要です。)

当院でできない検査

  • レントゲン検査

依頼している検査

  • CT
  • MRI

診察していない病気

  1. 骨折、脱臼
  2. 変形性関節症などの変性疾患
  3. 交通事故による外傷

日暮里泌尿器科内科
院長の柴本賢秀です

  • 外傷治療にはゴールデンタイムがあり早く治療をする必要があります。緊急性がありますので日曜、祝日でも治療要請があれば対応いたします。
  • 診療は予約制ですので、まずは、ご連絡をお願いいたします。